バセドーちゃんの妊娠日記

バセドウ病歴10年。授かった子ども、ちゃんと産んであげたい。

泣いた夫

今日も外出した。

 

都議選だったからである。

 

私は20歳を越えてから、1度も投票を欠かしたことはない女なのだ。諸先輩方が苦労して獲得した権利なのだから、ちゃんと使いたい。

投票先は、直前にバタバタ決めるのだが。

 

 

投票した後、神社に行った。

手水舎で顔と手をビショビショにして洗った。私も夫もハンカチを忘れたので、いつまでもビショビショのままだった。

 

ビショビショのまま世界中の子どもと自分の腹のなかにいる人の幸せを祈った。無口な男性から、安産守りを買った。

f:id:gotoyuri:20170703003233j:image

 

夢にまで見た久しぶりのカフェに行こうと思ったが、もう閉まっていた。

桃を買って帰宅。

 

夕飯は、久しぶりに私が作った。

もう2週間以上、出血がほぼ無いので、徐々に通常モードの日常生活に戻して行きたい。

 

スンドゥブチゲと、ポテトサラダを作った。

夫は泣いていた。

「久しぶりの手料理だ…」と言って泣いていた。慣れない料理、大変だったんだろうなあ。

 

夕食後、畳でゴロゴロしていると、また手足がイライラしてくる。むずむずむず…

 

妊娠のせいか、病気のせいか、薬のせいか?早く病院へ行きたい。