バセドーちゃんの妊娠日記

バセドウ病歴10年。授かった子ども、ちゃんと産んであげたい。

お腹苦しい妊婦のパジャマとブラジャーを買った

 

f:id:gotoyuri:20170723215751j:image

マタニティの服を買った。

 

妊娠4ヶ月にして腹がきついのだ。

便秘だったので、はじめはうんこが腸に溜まっているせいだと思った。

 

「今日も詰まってるな〜」と思い、ウエストゴムが嫌だなあ、とビヨーンビヨーンと伸ばして遊んで10日めのこと、これは赤ん坊なのではないかと気づいた。

そういえば、私は妊婦だし。

 

私はだらしないパジャマしか持っていないが、手持ちの中でもっとも綺麗めのパンツ・ユニクロリラコのウエストゴムも食い込むようになった。

 

食い込むというか、苦しい。

ウエストゴムは、概して妊婦の敵である。

 

 母に、「それ6ヶ月くらいのお腹じゃないの」などと言われながら、

 しばらくは母に借りたヒモ調節のスカートを使っていた。

 

しかし家にずっといるのだし、可愛いルームウェアでも着て、沼の底より低いテンションを上げようではないかと思いついた。

ついでに、以前に買ったマタニティブラジャーがなぜかきつく、着ていられないので、もっと楽を極めたいと考えた。

 

赤すぐnetで通販があったのでそちらで選ぶ。

 

届いた中身

はこちらである。

f:id:gotoyuri:20170723220909j:image

 

マタニティブラジャー(授乳期兼用)

・モーハウスブラ

・ママの声から生まれたアンダーサイズが選べるブラトップ

 

マタニティパジャマ(授乳期兼用)

・ルームウェアマキシナイティ

・レイヤード半袖ナイティとストレートパンツセット

 

合計で1万円ほどである。

 

赤すぐnetで購入したのだが、選ぶ際に惑いがあった。

 

・私は妊娠初期であるのに、もう授乳期用のもので良いのだろうか。

・本当にお腹は苦しくないのか。

 

お腹が苦しくなくて、ちょっと可愛ければ私はそれで良いのである。

そしてブラジャーは、ちょいと胸を支えてくれれば良い。寄せたり上げたりしてくれれば尚いいが楽なものがよい。

 

 

さて、順に紹介していこう。

 

①ママの声から生まれたアンダーサイズが選べるブラトップ

f:id:gotoyuri:20170723221750j:image

上記は着用イメージである。

 

f:id:gotoyuri:20170723222004j:image

後ろにホックがある!

ホックいらないのに!

 

つけてみると、まあいいかという感じ。肩ひもを調整すると、きつくもなく程よかった。ホックはあってもよい。生地は普通。

敏感肌のため、若干あたると胸がかゆいかもと感じる。

 

追記:この日ブラジャーをつけて寝たのだが、翌朝になると汗をかいており、とても蒸れてかゆかった。昼だけ着用しようと思う。

 

②モーハウスブラ

f:id:gotoyuri:20170723222309j:image

先程の倍の値段のする、モーハウスブラ!

日本助産師会が推奨する唯一の授乳用ブラだとか。まだしばらく授乳はしないんだけど。

 

生地がよい…やわい。

心なしかクマも気持ち良さそうである。

 

うしろはこんな感じ。マタニティ期は上から着て、出産後は下から着ると良いらしい。

 

f:id:gotoyuri:20170723222438j:image

 

まだ着てないので後日追記する。

 

 

③ルームウェアマキシナイティ

f:id:gotoyuri:20170723222803j:image

本日のパジャマはこちらである!

身長が約170センチある私でも、充分マキシ。

生地は軽くてよい。

 

色は地味だが星柄なのですこし可愛く私の地の底より低いテンションがふんわり上がる。

 

ハ〜〜楽!よい!2千円でこの満足感はよい。

f:id:gotoyuri:20170723223251j:image

授乳用でもあるので、サイドに穴が空いており(詳細はメーカーwebを参照されたい)、このように手を突っ込んだりすることもできる。

 


④レイヤード半袖ナイティとストレートパンツセット

f:id:gotoyuri:20170723223446j:image

 上下セット。

f:id:gotoyuri:20170723223504j:image

 

こちらも生地が軽く、トップスは穴が開いている(詳細はメーカーのwebを以下略)

 

問題はこのパンツである。

ウエストゴムではないか!

ウエストゴムに懐疑的なわたしは少しドキドキしながら履いてみた。

f:id:gotoyuri:20170723223706j:image

 

するとへんなものがついている。

ゴムの調整がボタンで手早くできる仕様になっているのだ。ひっぱると、ボタン穴の空いたゴムがしゅるしゅるでてきて、妊娠初期の腹サイズにも合わせることができる。

 

妊娠初期から臨月まで、3日間何も食べていない空腹時から150%満腹時に至るまで、幅広く使えそうである(詳細はメーカーのwebを以下略)。

 

 履いてみると…

 

おなか、きもちいい〜〜!

とってもとってもとっても楽!

 

へそ周辺のお腹がぽっこりでる部分に生地がたっぷりと使われているのがわかる。

 

あー買ってよかった。  

妊婦の幸福度が35上がった。

お腹も苦しく無いし、授乳期兼用でも違和感はなかった。

むしろ胸部分に加工があるので、ノーブラでも気にならないのがうれしい。

 

 

妊婦はえぐいほど体の変化に翻弄されるのだから、苦しみは可能な限り取り除くべしと思った。2千円のワンピでこんなに素晴らしいなんて!うれしーうれしーと夫に2回話しかけた。

今後も、少しでも機嫌のいい妊婦でいたいものである。

 

参考

モーハウスブラ 

 

赤すぐnet

akasugu.fcart.jp