バセドーちゃんの妊娠日記

バセドウ病歴10年。授かった子ども、ちゃんと産んであげたい。

妊娠して歯ぐきに白い斑点できてたまげた話

先日、出かける前の歯のチェックで「ニィ」と口を開けたら歯茎がところどころ白くなっていたので驚いた。

 

ついに性格が悪すぎて私の歯茎にもカビが生えたか。

白くなっている部分は、上の前歯のあたりだ。普通に会話しているぶんには目立たないが、大爆笑して歯茎が広めにむきだしになると見えそうである。

 

世間では上品キャラで売っている私の歯茎にカビが生えているのはいただけないので、急いで歯医者にかけこんだ。

 

結果的に言うと、白い斑点はカビではなかった。

 

 

 

くっついて取れなくなった食べカスだった。

 

私はどれだけの時間、前歯の上の歯茎にお菓子のカスをくっつけて生きてきたのだろう。

先生に「すすぎ薬を使って、あと歯がちゃんと磨けてない」

と言われた。

妊娠していることも告げると、「それは危険な状態です」と言われた。

これからカルシウムをとっても子どもにとられてしまうので、虫歯や歯周病のリスクが高まる。歯周病になると、流産や早産の危険が高くなるそうなのだ。

それはとっても大変だ。

これからの毎日では歯磨きを一番にがんばろうと心に誓った私なのだった。

 

しかし診察が終わってもまだ食べカスはくっついたままで白かった。

先生に取ってもらうようお願いすると、

 

「それはとれませんね」

 

とのことだった。

 

くっつきすぎて、こすってもとれないのだそうだ。

 

丁寧な歯磨き、口すすぎ薬、そして人生ではじめて歯茎に塗り薬

をぬるように言い渡された。

 

f:id:gotoyuri:20170826001927p:plain

 

歯茎にぐりぐり塗り薬をつけるのは新鮮だった。

マッサージをするようにつけてとのことだったので、塗りながら気持ち揉んだ。

歯茎をもむ日が来るなんて、10年前の今頃には思いつきもしなかったことだ。

 

リンデリンだかモンダミンだかの試供品をもらったので早速使う。

すすぎ薬も使ったことがない。ミントの強烈な味で、涙目になりながら口内をすすぎ、「カーーーッ」と言いながら吐き出した。

 

終わってみると爽やか、喉元過ぎればなんでも忘れる女である。

 

 

それから3週間。

私は毎日リンデリンだかモンダミンだかを使い、塗り薬は面倒になったので塗らなくなった。歯磨きは一生懸命やっている。

 

努力の結果、張り付いてとれなくなった食べカスは姿をほぼ消した。

これからもこの調子で、妊婦の生活をがんばっていきたい。

食べカスはくっつけずにこの人生を生き抜いて生きたい。いや、くっつけてでも生き延びたい。

 

ーendー

 

 

ちなみに、私が歯医者で試供品をもらい、それから追加購入したのはこちらである。 

【まとめ買い】薬用 リステリン トータルケア マウスウォッシュ 1000ml×2個

【まとめ買い】薬用 リステリン トータルケア マウスウォッシュ 1000ml×2個

 

 

普通のリステリンより6種類くらいの効果があり、なんだかとっても効きそうである。

紫色が強そうだし神秘的だし気に入ったので、これからも使い続けるつもりだ。