ズンドコ妊娠育児

妊娠中・育児中の困ったことや面白かった本などを紹介しています。

臨月。乳カスとるのが楽しすぎる

乳首マッサージ

乳首マッサージを8ヶ月ごろからやっている。

 

初産で初めての授乳だと、乳首が硬い。

乳首が硬いと、赤ん坊が吸いにくいらしいのだ。そのため、マッサージをして乳首を柔らかくするとよいということである。

 

毎晩お風呂で、乳首をひねったりねじったり潰したりして、吸いやすい乳首に仕上げる。

自ら乳首を潰している光景はなかなかシュールだろうが、真剣である。

 

謎の米粒、出現

そうして現在、臨月となったわけだが、先日マッサージ中にある事に気がついた。

 

なにか、白っぽいものがついている…

乳首の真ん中である。そっとつまんでみると、米粒のような形、硬さはニキビの芯のような手応え。

匂いを嗅いでみると、ミルクのような匂いが…

 

乳首をよく見てみると、あちこちに白っぽいものが飛び出しているではないか。

 

f:id:gotoyuri:20180122221757p:plain

にゅっと押し出してみると、あちこちから米粒のような角質のようなものが出てくる。むにむに触って捨てる。

 

なんか楽しい…

どんどん取る…

 

何かに似てる…

 

そうだ、育ちきって膿をしこたま溜め込んだニキビの芯取りに似てるんだ!

あの爽快感。ついつい爪を立てて膿を押し出してしまうあのやめられなさだ。

 

"乳カス”

右の乳からたくさんの収穫があったので、左を楽しみにつまんでみたが、あまり取れなかった。

 

米粒をとった後の乳首を見てみると、なにか穴が開いている。

穴の周りを押してみると、かすかに白い液が…見えた気がする。

 

きっと、ここから母乳が出るのだなあ。

 

調べてみたら、やはりこれは”乳カス”

妊娠中に分泌された母乳的な成分が固まって詰まっていたモノのようだ。

これが詰まったままだと、授乳の時にうまく母乳が出ないことがあるらしい。

 

マッサージを続けたおかげで、詰まりが取れたという事だろうか。

 

これから毎日乳をつまんで乳カスを収穫するのが楽しみである。

 

 

しかし目下39週0日…

外は大雪。陣痛はまだかなァ