ズンドコ妊娠育児

妊娠中・育児中の困ったことや面白かった本などを紹介しています。

教えて欲しかった!バセドウ病の妊娠育児授乳の注意事項(体験談)

 

バセドウ病と妊娠

10年あまり、バセドウ病を患っている。

環境の変化やストレスで良くなったり悪くなったり…これからも一生つきあっていく病気だと思う。 

 

5年ほど前、私は妊娠した。バセドウ病の薬、たしかチウラジールを飲んでいるところだった。

妊娠したんだから薬を飲んでは赤ちゃんによくないだろうと勝手に判断し、薬を中断した。そして初期流産してしまった。

 

薬を中断するべきではなかった、どうしてもっと早く病院に来なかったのかと先生に言われた…。

 

伊藤公一のバセドウ病と診断されたときにまず読む本 (名医の最新治療)

伊藤公一のバセドウ病と診断されたときにまず読む本 (名医の最新治療)

 

 実際は、薬を中断したことが流産の直接の原因ではなかったかもしれない。

でも私のせいで赤ちゃんを死なせてしまったのではないかとずっと悔やんでいるところがある。

 

 

そして昨年、嬉しいことに妊娠した。伊藤病院に定期的に通い、薬の微調整を続け…無事に出産することができた。

 授乳中の今も、通い続けている。

 

これまでの経験を通して、バセドウ病だと妊娠や育児で特別な配慮や注意が必要だなと感じたので、まとめておく。病院の先生は、なかなかまとめて教えてくれないので。

 

f:id:gotoyuri:20180428193001p:plain


妊活中

妊娠希望を伝える

伊藤病院に通っていた。妊娠希望していることを伝え、薬について相談。

メルカゾールは胎児に影響がある場合があり、服用をやめてからも数ヶ月おいてからの妊娠が望ましいそう。

 

そのため、私は妊活中からチウラジールとヨウ化カリウムを服用することになった。

 

妊娠次第来院

妊娠すると甲状腺の数値が変化するので、判明次第すぐに来るように言われた。

 

妊娠判定時期

できる限り早い妊娠判定を

前回の妊娠時の後悔をふまえて、できるかぎり早く妊娠を知りたかった。妊娠すると甲状腺の数値も変動するので、すぐ伊藤病院に行かなければならないから。

 

早期妊娠検査薬を購入し、生理日当日に検査をした。着床出血のようなものがあったので、ほぼ確信しながら。

 

【第2類医薬品】ドゥーテスト・hCG 妊娠検査薬 2回用

【第2類医薬品】ドゥーテスト・hCG 妊娠検査薬 2回用

 

 

クリニックで相談

自分で検査後、レディースクリニックへ行った。

そこでは「まずは伊藤病院に行って、産んでもいいか聞いてきなさい」とのこと。

今時バセドウ病で中絶はないだろう!と思いつつ、

翌日に伊藤病院へ行った。 

 

ソッコーで伊藤病院へ

通常の予定より早く来院したため、血液検査時に理由を聞かれる。

妊娠したことを伝えると、検査の担当の方は電話で確認し、検査項目を変更してくれた。

 

伊藤病院の担当の先生からは、「おめでとう」とのこと!中絶しなくて大丈夫。

予めチウラジールにしていたので、その量を調整していくことになった。

この頃は1日3錠くらいは飲んでいた。

 

病院選び

うだうだしていたので、産む病院をまだ決めていなかった。

病院選びで気をつけたほうがいいことを先生に聞いたところ、

 

・小児科の先生がいる

・助産院ではなくて産科

 

を薦められた。産んですぐ赤ちゃんの甲状腺のチェックをしてもらう必要があるそうだ。

☆ 都内の人であれば、成育医療センターは安心とのこと。

 

地元の大きめの産科病院を選び、電話で「バセドウ病だけどいいですか」と確認。数値は安定している旨を伝えると、OKと言われた。

来院時に伊藤病院からの紹介状を持って来るように指示があった。

 

 

 

 

妊娠初期

3週間に1度通院

妊娠初期に出血があり、切迫流産となり、2ヶ月間ほぼ寝たきりの生活をした。

 

毎日赤ちゃんの無事を祈り、出血が止まることを祈った。

この時期は3週間に1度伊藤病院へ。

切迫流産で安静にしている中での原宿への通院はキツかった…

 

 ・数値は安定

数値自体は安定していた。妊娠前はどんなに調子の良いときでもTSHが0.01以下になっていたが、あっさり0.1を超えた!ヤッピー

   

妊娠中期

安定

中期は1ヶ月に1度くらいのペースで、通院を続けた。

 

FT4、TSH、TRabもほぼ正常値に保つ。動悸や手の震えなし。調子よし。

メンタルはともかく、バセドウ病のことは忘れてしまうくらい調子が良かった。

母に「いつも妊娠してればいいのにね!」と言われたくらいだ。

 

貧血チェック

毎回血液検査をするので、妊娠中になりやすい貧血のチェックもついでにしてもらえるのは良かった。

 

妊娠後期 

薬をやめるか?

薬はほぼ必要ないくらい正常値に近くなっており、薬をやめるかどうかの判断。

 

出産後は甲状腺が亢進することが多いので、そのときに薬を再開し副作用のチェックをするとなると2週間に一度くらいの来院が必要になる。

それは出産後の生活では負担になるだろうということで、薬は継続することに。

 

1日おき1錠のチウラジールを服用することになった。

 

f:id:gotoyuri:20180516000625j:plain

(出産後にもらった伊藤病院の冊子『バセドウ病患者さんの妊娠について』。妊娠中に欲しかった…)

 

 

出産後

赤ちゃんの血液検査

普通分娩で、無事に出産!!(涙)3700g超えの大きな男の子。

産科病院には持病のことを話してあるので、産まれたら赤ちゃんの血液検査で甲状腺のチェックをしてもらうことになっていた。 

結果は異常なし!

 

産後1ヶ月はおとなしく

出産後1ヶ月経ったところで伊藤病院へ来院。

いつもは大嫌いな採血タイムだが、地獄のような痛みを耐え抜いた後だと、「採血なんて分娩の痛みに比べたらなんてことないぜ…」

 

検査結果は、正常範囲内でホッとする。

ただし、先生から「数値が上がるのは覚悟して」とのこと。

産後は悪くなるらしいからなあ。

 

産後2ヶ月、甲状腺バクハツ

さて2ヶ月目。検査の結果は、甲状腺はかなり亢進していた。

FT4が重症目安の5.0一歩手前だそう。

日々子育てでいっぱいいっぱいで自覚症状は無かった…。

 

チウラジールも増量。妊娠中は1日置き1錠だったのが、1日6錠になった。(12倍)

 

Sing to the Sky

体力がヤバイ、授乳は混合か完全ミルクがベストか

授乳に慣れて来るだろうこの時期、ものすごく体が熱く、動悸も強く、疲れやすく、毎日の授乳が大変だった。産後しばらくしてから出産の影響が出て来るとは聞いていたが…

根性でがんばろーと思うのだが、体は常に寝ていたい感じ。

 

一方で赤ちゃんの体重増加が思わしくなく、しかもミルクを嫌がるため「母乳を増やさなきゃ」のプレッシャーで私の食欲が落ち…しんどい時期。

 

完全母乳に憧れて頑張っていたが、初めから完全ミルクにしていたらどんなに楽かと思った…。でもおっぱいもあげたいんだよな、ってことでバセドウ病持ち女子には、ミルク中心の混合育児がベストかもしれない。

 

 

産後3ヶ月、破壊性甲状腺炎?

さて、3ヶ月目。

今回は自覚症状があった。動悸が強く、精神が不安定になりがち。手の震えもあり。体重減少。体の熱さ。

特に動悸がうっとおしくてうっとおしくて、止まれば静かになるのになと思ったほどだった。

 

検査結果は、FT4がついに5を超えた。重症認定である。

どこまでいくんだ、私の甲状腺よ…。

しかもFT4が上がっているのにTRabが上がっていないため、破壊性(無痛性)甲状腺炎という病気が疑われるとのこと。

 

「産後の肥立が悪い」というのは、この破壊性甲状腺炎で甲状腺が一旦壊れることによる産後の体調不良を言うらしい…

この破壊性のものなのか、あるいはバセドウ病の再燃なのか、今の時点ではわからない。

破壊性だったら、薬を増やしても効果はなく、1〜2ヶ月で自然とおさまってくるそう。

 

ということでチウラジールの量はそのまま1日6錠で様子を見て、プラス動悸の薬としてインデラルを処方された。

 

1ヶ月後にまた来院し、判断できるだろうとのこと。

 

産後4ヶ月〜5ヶ月

薬(チウラジール)を1日6錠とかなり増やしたためか、前より体が火照ることはなくなった。

 

代わりに、体がつったり、筋肉痛のような症状が出てきた。あまりに体が痛いので、勝手に低下症ではないかと考え、薬を減らす。1日1錠でも痛かったので、1日おき1錠にすると具合が良かった。

 

病院に行き、血液検査。先生に勝手に1日おき1錠にしている旨を伝えると、「その判断は間違ってないと思います」とのこと。

数値は改善しており、低下症気味。1日置き1錠を継続し、1ヶ月後再来院することになった。

 

改善!元気!産後6ヶ月

伊藤病院に行くのがめっちゃ面倒臭かった。

結果は、、すごくよくなっていた。全ての数値が基準内。

 

出産後悪化していた甲状腺だが、もうバセドウ病の再燃を防ぐフェーズに入ったねとのこと。次の妊娠も可能な状態らしい。妊娠した場合すぐに検査に来るように言われた。

 

薬は継続し、1日置き1錠。次回は2ヶ月後

 

改善したのはとにかく嬉しい!最近夫婦関係が大幅に改善したので、ストレスが減ったのかなと思う。

次の子の妊娠も考えたいけど、体力がないのは変わらないから、まだ先だろうなあ。